軽度の障害を周りに伝える難しさ

周りへの説明の難しさ

 

中度・重度の障害を持つ子の親から見たら、「それくらい・・・」って思われそうですが、
軽度の各種障害ならではの問題として、家族や親せきへの説明の難しさがあります。

 

当サイトも運営開始から2011年の秋で丸二年になりますが、その運営期間中に寄せられる
悩みの中で子供の事以外では断トツです。

 

こちらでは色々と寄せられたそんな軽度だからこその悩みをお伝えします。

 

 

周りへの説明記事一覧

一番理解してもらいたい相手に理解されない辛さは想像以上のものがあります。意外に旦那さんに「軽度の知的障害とか発達障害、若しくは学習障害等がある」と伝えても、理解されない場合が多かったりします。「大丈夫だ!」の一言で片づけられる場合もあります。「自分もそうだったから、そのうち追い付く」で終わってしまう場合もあります。酷い場合は、「お前の育て方が悪いからだ!」なんてことも・・・。本来ですと、子供の事を...

子供の障害を指摘され、本やネットなどで情報を集める。色々な情報が集まると、改めて「障害があるかもしれない」って思うもんです。で、いざ、自分の両親に障害の事実を伝える。でもね、目の前の孫は元気に遊んでる。お話しもできる。そんな感じだと、簡単には孫の障害を受け入れられないもの。考える時間を与えて理解してくれるのが一番だけど、中には「おまえは心配性だからだ」とか、「そんなに子供を障害児にしたいのか」など...