ステップファミリーの道を探るべく、彼女と彼女の子供と初のご対面

息子との初対面

 

嫁の実家は地方にあり、簡単には行き来できない関係でしたので、
メールや電話が唯一のコミュニケーション手段でした。(会えるのは半年に一回あるかないか。笑)

 

嫁の娘が3歳になるまでは今後の二人の方向を決めたいと思っていたので、
息子との相性を確かめたいと考えてまして、二回ほど子供を含めて会いました。

 

既に障害があると分かっておりましたので、私としては子供が嫁さんと会って拒否反応を示したら、
残念だけど別れることを考えてましたが、息子もすんなりなついてくれて一安心。

 

こちらはそんなんで大丈夫だったのですが、やはり知らない土地に、
しかも障害児のいる家に嫁いでも良いのか悩んでました。
もちろん友達からも反対され、「なぜ、苦労すると分かってるのに行くの?」と言われてたみたいですね。

嫁は嫁なりにネットで障害について色々と勉強してくれてました。
また、実際に会ってみて、障害と言うよりちょっと幼い感じだけだと思ってくれました。

 

初めてご対面した時、息子もやはり慣れてないせいか、やっと歩けるようになった娘をみて、
どう接して良いか悩んでましたね。笑

 

まぁ、子供なんで慣れちゃえばどうってことないです。普通の兄弟のように楽しく遊んでくれました。
二回目に会った時は嫁さん達がこちらに泊まりで遊びに来てくれまして、
最終日の別れ際、嫁さんと娘が見えなくなってから息子が愚図り始めて・・・
それを見て、「うまく行きそうな気がする〜!」と思いました。

 

ステップファミリーを望んでる人もたくさんいますよね。
「私と子供、同じように愛して欲しい」って感じで相手を探すと思いますが、
やはり重要なのは何よりも子供と相手の相性。
ここを適当にしちゃうと、虐待に繋がったりしちゃいます。(ニュースでもたまに出ますよね。)

 

だから、その部分だけはくれぐれも慎重にしてほしいです。
特に障害がある子の場合はその子の気持ちを優先させるくらいじゃないとね。

 

こう書いちゃうと、「うまく再婚出来たから書いてるんでしょ」って思われちゃうかもしれませんが、
もし当時息子が何回会っても拒否反応を示したら、間違いなく一緒にはなってませんでした。