軽度だからこその様々な問題

軽度だからこその様々な問題

 

このページの作成は平成30年9月です。
息子の障害が指摘されたのが3歳児検診。それからあっという間に17年過ぎました。

 

最初は無我夢中で色々な情報をネット上から調べました。「これが当てはまる!」「これは違う!」なんて思いながら。
それこそ3歳くらいだと計算問題もやらないし、ちょっとくらい数を間違えたってどうってことない。
だからその時点では知的障害という障害は意識してませんでした。

 

ま、今思えば、先生が作った積み木と同じに作れと言われても出来なかったし、色々と思いだすと、「あぁ、知的な面で遅れがあるな」と分かるもんですが、
当時は障害の知識もたいして無いし、情報自体もない。

 

私がネットで知り合ったパパさんやママさんも、どちらかというと私と同じように「手探り状態」だった人ばかり。
(私たち人間はすでに知っていることにしか認識できないからなんですよね。)

 

知らないから探し方も分からないとか。

 

こちらではそんな当時を振り返って、みんながどんな悩みを抱えてたかをちょっと書いておこうかなと思います。

 

 

軽度だからこその様々な問題記事一覧

私の性格に反してちょっと真面目そうなタイトルになってしまったが、一番悩ましい問題が「お住まいの地域」の問題。私は昔から東京の下町に住んでます。そんなわけで、どうしても自分の置かれた環境を基準として考えてしまうのですが、他の県などにお住まいの方に話しを聞くと「そっか、確かにそれは大変だ」と思うこともいくつかありました。一番多いのは学校関連ですね。そもそも近くに学校が無い。あっても支援級がないとか。更...

おかげさまで、ネットを通して、もう何年もお付き合いのあるお父さんやお母さんが私にはいます。もちろん、色々な悩みを抱えているわけですが、聞いててイライラするのがやはり学校の担任の資質。既に他のページでも色々と書いてきました。(それを読んでモンスターと思う人もいるかもしれません。)息子の時の問題も、だいぶ遠回りしましたが、それによってようやく教育委員会が問題について謝罪及び改善。(当時の被害者は子供た...