スタートは3歳児検診

全ての始まりは3歳児検診でした

 

息子の軽度知的障害を知るきっかけになったのは区の3歳児検診でした。
当時、私は自営業をスタートしてバタバタした日々を過ごしており、
また前妻も離婚を前提に実家に帰していたこともあり、
私の母親に3歳児検診に連れて行くようにお願いして仕事に行ってました。

 

普段でしたら仕事帰りに子供を迎えに行くのですが、3歳児検診だったので直接家に帰りましたが、
外から1階を見ると何故だか真っ暗。

 

「ん?」と思いながら自宅に入ると、暗い中で不気味なくらいテレビの青い光が私の母親を照らしていました。

 

「ん?どうして真っ暗?息子が寝てるから?」と聞いてみると、「こまぁが障害があるかもしれない・・・」とポツリ。?

 

その時は多少なりとも育児書やひよこクラブを読んでいた私としては
「まぁ、多少の遅れがあったとしても問題ないでしょう」とサラッと返したのですがね。

 

3歳児健康診査とは(個別通知制) ※私の住んでる東京都の某区の場合です。
検診内容:尿検査、視力検査、聴覚検査、医師による診察、身体計測 歯科健診、
育児相談、栄養相談、歯科相談、心理相談。
必要な場合は精密健康診査受診票を発行(各保健センターで実施)

 
 

 

再3歳児検診

後日、改めて今度はお父さんかお母さんがお子さんと来て下さいとのことでしたので、

私が連れて行くことになりました。
当り前ですが平日の日中、父親+子の組み合わせの家族はほとんどいなくて、
ちょっと居心地は悪かったのですが(笑)、
順番が来て指定された部屋に呼ばれました。

 

前回の結果を改めて聞き、再度同様のチェックを行いました。先生と同じようにブロックを並べられるか?

鉛筆で丸く円を掛けるか(スタート地点とゴール地点はほぼ同じかどうかなど)、
その他、ちょこちょこ試しましたが、どうやら前回と結果はほぼ同じようでした。
通常、何ら問題なければここで「さようなら!」なのですが、やはり問題があるとのことで、
保健センターの一番奥にある別室に私のみご招待。苦笑 

 

案内された部屋はちょっとした会議室のような場所で、案内してくれた人と既に部屋に居た

ベテランっぽい女性計3人と話し合いがスタート。
話し方、話しの持ってき方は、さすがこちらの感情を考慮していることがダメダメオヤジの私で
も十分伝わってきましたね。で、言われたことは簡単に言いますと・・・



「こまぁ君、ちょっとだけ3歳児の子の標準より遅れがあります。もちろん直ぐに障害とは判断できませんし、これから成長して遅れを取り戻すことも十分考えられます。もし良ければ区の療育センターに月に何度か通わせてみませんか?」みたいなことを言われました。

 

そこで私すかさず「え?通えるんですか?お金が掛からないのなら是非!」と即答。笑

 

 

この一言で、一気に場の雰囲気が緩み、女性陣3人は思ってることを次から次へと私に話し始めました・・・笑

毎年、私のように別室に呼ばれる親はちょこちょこいるらしく、その都度、今回私に話したようなことを伝えるのですが、
ほとんどの親は拒否またはプチ切れするようです。
「うちの子に限って障害なんかあるわけない!」「ちょっとのんびり屋さんなだけだ!」などなど。
だから対応にはかなり気を使うとのことらしいです。

 

私のようにすんなり話しを受け入れてくれる人って数えるくらいしか当時はいなかったようです。(かなりの少数派)

帰り際はみんなでニコニコしたりして和やかな感じでしたよ。笑

 

まぁ、なぜすんなりと療育センターに行くことを決めたかと言うと、

やはりちょっと気になる点があったからなんですよね。

 

始めて「ママ!パパ!」って言ったのは1歳の頃。当時は「案外早くねー!」と思ってました。
また母乳離れもスンナリOK、一人で立ち上がったのも普通でしたが、喋りの方がその後あまりなくなりましてね。
3歳でも車はブーブーでしたし。

 

で、気になるのは前妻との大ケンカ。当時は子供の前でもかなりの大声でケンカをする日々が続き、

それを見て喋れなくなっちゃったのかな・・・とか、色々と思うことがありましたので、
これも何かの縁と考えて療育センターに通うことを決めました。